風評被害は逆SEOで防ぐ~ホームページや動画制作で宣伝効果アップ

パソコン

二つの種類

断片化したデータの一元化

パソコン

インターネットはデータの塊です。一見何の役にも立たなそうなデータでも蓄積させてビッグデータとなれば様々な情報を得ることができるようになります。しかし、そういったデータは様々なサーバーに保存されていて断片化されています。それらを一元管理、分析し、最終的には広告配信などを最適な場所に配置させるのを実現させるのがデータマネージメントプラットフォーム、DMPです。 DMPを導入すれば今より遙かに多くの情報をWeb上に残ったデータから引き出せますが、その分課題もあります。まず、企業側でのデータ整備の必要がありますし、多くのデータを色々な人間が目にするわけですので、セキュリティーやプライバシーの問題も生じます。

DMPの種類と活用法について

DMPは主にオープンDMPとプライベートDMPの2種類に分けることができます。オープンDMPはwebサイト上の様々な興味、関心、嗜好性などの外部情報を管理します。一方でプライベートDMPは企業が自らのデータを集めたもので、自社サイトのアクセスや販売データ、顧客データなど主に内部の情報です。 DMPはネット広告の配信対象を枠から人へ変えていくためのサービスです。つまりはより広告の関心を持つ人を対象にすることもできますし、これから関心を持たせていきたい人たちを対象にすることもできます。DMPは今はネット広告を対象にしてサービスを展開していますが、本質的に行っているのはユーザーのより詳細な理解をすることにあります。今後はDMPを活用したマーケティングがより多く行われるでしょう。